足して消す!数字を使った落ちもの『スリーセブン』の紹介

スリーセブンは、数字を揃えるのではなく、計算して消す、新感覚の落ちものパズルゲームです。
スマートフォンでも遊びやすいように、タップ&スワイプで操作ができるようになっています。


スリーセブン~777~


裏話など……

元ネタは、『幽☆遊☆白書』という漫画作品に登場した架空のゲーム『スリーセブン』です。
その内容は、次のように説明されています。

  • 『 テトリスやぷよぷよに代表される、いわゆる「おちもの」ゲーム 』
  • 『 1から7までの数字がいろんな組み合わせでおちてくる 』
  • 『 これをタテかヨコが合計「7」になるように消していく 』
  • 『 ただし7の数字は三つ並べないと消すことができない 』

そしてゲーム画面には、次のような様子が描かれています。

  • 『フィールドのサイズは横5マス×縦10マス』
  • 『落ちてくるブロックは、テトリスのブロックと同じような組み合わせ』

これらの情報を元に、最近のテトリスのルールや、ゲームパッドではなくスマートフォンでの操作に合わせて、作成しました。
本当はもう少し改造したい要素があるのですが、時間がとれなくて断念しました。
いつかいろいろな要素を追加して、完全版なりVer.2なりを作りたいと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください